<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花を長持ちさせる、ポイント色々

b0041279_17112540.jpg


以前、花を長持ちさせるにはどうしたらいいかという記事を書きました。

水揚げ(ナイフが断然いいです)、延命材、温度変化のない涼しいところ、直射日光を避けるなど、前にも書きましたが、まだあります!

それは、適度な空間です。

空気がちゃんと通らないと、だめみたいです。

レッスンで少し残ったお花は、庭に置いておくのですが、このベイエリアは朝晩いい感じに冷え、日中も日陰ならそれほど温度も上がりません。

バケツに入れたお花たちは、1週間以上、ものによっては10日、2週間ともつんです。

それは、たくさんの空気が通ること(アレンジされたものはつまり過ぎていることもあるので)が大事だということですよね。

もう一つ言うと、色んな花を混ぜたものよりも、一種類の花だけの方が持ちはいいです。
そんなこと言ったら、アレンジは〜??という声が聞こえてきそうですが(笑)、まあ、何をとるかですけど、これもポイントの一つと言えます。

花を入れすぎない、時々レッスンでもお伝えしますが、たくさんの茎が入れば入るほど、水は濁りますからね^^;
余分なものは入れない。
これもポイントですね。

何だか色々書いてしまいましたが、このブログを見つけて下さる方は、お花のケア方法を知りたい方が多いみたいなので、いつも気をつけていることを書いてみました。

お役にたつと嬉しいです♪

(写真は先日のイースターレッスンから)
[PR]
by nyflowers | 2012-04-15 17:15 | 花と上手に付き合うコツ

今までとこれから

b0041279_1650447.jpg


このブログ、細〜く長〜く、書いております。。
ちょっと機会があって、自分の以前のブログ記事をかいつまんで読んでみました。
NYに住んでいた頃、レッスンを始めた頃、まだ子どもがいなくて自分の時間たっぷりだった頃、、今と色々と状況も違いますが、初心に戻れた気がします。

今、考える事が色々あって、今後のレッスンの方向性をどうしようかとか、レッスン後のランチを含めて時間的にも厳しかったり、人数もたくさん来て下さってるので、日程的にもどうしようかとか、、、

子どもも1年生になり、現地校、補修校も始まりました。
そして、私も今週から、新しくウィディングのお仕事もお手伝いすることになり、、

色々と変化が出てきたので、今後のこと、ちゃんと考えるいい時期なのかもしれません。

お花に真摯に向き合って、もっともっと自分を進化させて行きたいと思ってます。

そして、心のままに、、もっと素直に、、初心を忘れずにいたいものです。
[PR]
by nyflowers | 2012-04-14 16:51 | ひとりごと

枯れゆく姿も、、、

e0196493_15564397.jpg


チューリップって、開ききってもニュアンスがあって素敵。
のびた茎は切って、ぎゅっとまとめたら、また違う姿に。。

生きたお花は、つぼみから散ってしまう最後まで、生命力を感じます。
お花をいじっている時間って、無心になれるから好きです。
[PR]
by nyflowers | 2012-04-12 16:21 | フラワー

サンフランシスコとNYとの違いって?

b0041279_1752119.jpg


生徒さんから、NYとサンフランシスコでは、お花はどう違いますか?と、時々聞かれます。
私が一番思うのは、こちらではローカル(地元産)の花がとても多いという事です。

NYはほとんどが輸入で、気候的にローカルものってマーケットではあんまり見なかったのですが、こちらではほとんどのものが揃うのでは??と思うほど、何でもあります。

逆に言うと、NYでは季節感ってあまりなかったかもしれません。
こちらに来て、この季節にはコレ!!という、はっきりした違いが分かるようになった気がします。
日本もそうですよね。

北カリフォルニアは、とくにこの辺りはとても土地が良く、お花も良く育つのだと思います。
オランダからの輸入ものの花はやっぱり素敵なものが多いですが、新鮮度的にも、ローカルで揃えられ花が多いというのは、素晴らしい事ですよね。
持ちもいいですし。

お花を通じて季節を感じる、、素敵な事です^^

(写真はローカルの桜。他にはオレゴンやワシントンからのものもありました)
[PR]
by nyflowers | 2012-04-11 17:27 | サンノゼ